2016/06/27

兵庫支部予選

昨日は、生見海岸で支部予選がありました。

ピーク時は150名はいましたが、今は60名位の大会です。
支部長として運営してますが、毎年自分に課題をつくり 大会運営をスムーズに行けるようにと、内容が選手に全日本で戦えるスキルを学んでもらいたい。
ジャッジも良いヘッドジャッジにお願いして、妨害やスコアーも最先端で戦える為のジャッジをして頂いて、ここ数年は上手く大会も運営出来たと思います。

波は小さめですが、四国の中山プロは ここ最近では波も良い方で、天気もピーカンで選手も運営良かった。

plus.sの選手もたくさん全日本のキップをもらいました。メン 山中 凛が4年連続優勝、高橋慶二が3位
シニア、金沢直一が優勝、霜下賢一朗が3位
シナアウィメン、波戸さっきが4位、金沢真里子が3位
マスター、国見忠弘が2位、小井戸浩行が3位でした。


SMACのボス植田さんも、林健太の大会以来の岩の上での応援!本人が言ってました!小井戸は20年以上支部大会には出てなかったけど、自らサーフィンシーンを盛り上げたいと、出場!セミファイナルはブッチギリのサーフィンを見せてくれた!流石 元兵庫県チャンピオン!

大会準備から運営、今日は報告を日本サーフィン連盟に送り、昨日のゼッケン、ハタを洗濯し今ブログを書いてます。

大会終了後、30分サーフィンしたけど 立つのがやっとで自分には手ごわい波でした。

シモケンは、ストイックに身体を鍛え過ぎで筋肉が邪魔をしている様に思います。しかし有言実行で結果を出してくれた。
惜しくもメンクラスの2枠に入れなかった、高橋慶二は良いライデングが予選でしていただけに惜しい!広大、熊ちゃん、キンちゃんも年々惜しい!

小井戸のライティング!

メンクラス2人、シニアクラス4人、シニアウィメン1人、BBメン1人、8名が兵庫県の代表として愛知県の伊良湖で8月末に全日本選手権大会に出場します。皆さんも頑張ってコンテスト楽しんで欲しいです。オリンピック種目に決定するのもほぼ確実!

昔のメンバーさん!ドンドン復活しましょうね~!


PAGE TOP